読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力で自己肯定感を高めるー劣等民族最後の抵抗ー

社会人1年目。無自信の23歳。本気の努力が自信に結び付くことを証明します。

本田直之『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』

本当に面倒くさがりの人におすすめ|本田直之『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』

 
やらなきゃいけないことを先延ばしにしてしまう・・・
夏休みの宿題はいつもギリギリの提出になっていた・・・
頭では分かっているのに行動が出来ない・・・
 
そんな方に本気でおすすめするのが、
『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』本田直之
 
その名のとおり、
面倒くさがりやの心に刺さりまくりの一冊です。
 

特徴

具体性ーー☆ーーーーーーー抽象
専門的ーーーーーーー☆ーー応用可能
易しい☆ーーーーーーーーー難解
 
【一言でまとめると】「面倒くさいことはもっと面倒くさくなる前に片づける」
【総合おすすめ度】 80/100

面倒くさがりやには2タイプ存在する

【①】面倒くさいことから逃げて後々もっと面倒なことにしてしまう「堕落型」タイプ
 
【②】面倒くさいことは、もっと面倒になる前に片づける「先行・変革型」タイプ
 
面倒くさいことはほっておくとだるま式に増えっていってもっと面倒臭くなる。
だったら気付いた時に先回りして片づけた方がいいんじゃない?
というのがこの本の趣旨です。
 
言われてみれば当たり前の内容のような気もするけど、
その当たり前が出来ていないことにとことん気付かせてくれます。
 
パソコンで言えば、とにかくOSの部分を鍛えていくイメージ。
ドラクエで言えば、最初の村でレベル上げをして楽勝でボスを倒すイメージでしょうか。
 
 

とにかく記述が具体的

なるほどな、と思ったのは特に↓の項目
 

 マニュアルを熟読する

 ▶特にケータイなどの新しい機種がすぐ出るデバイスについて。
  マニュアルを読むのは面倒くさいけど、読まずに使い始めると便利な新機能を見落としがち。
  それならまずマニュアルを熟読して、デバイスを使いこなした方が、後々楽になるのでは?
 

 二度と同じことをしない

 ▶単調な作業は全部マニュアル化しておく。
 ▶例えば旅行の準備とか。
    「いちいち何が必要なんだっけ?」って考えるのは面倒くさい。
  だったら初めて準備をしたときに、旅行に必要なものを全部リスト化しておけばいいのでは?
 ▶次回はそのリストに従って持ち物を準備するだけ!
 

 時間割で動く

   ▶朝一で超具体的な時間割を作成して、あとはそれに従って一日を過ごすのみ。
 ▶やらなければいけないことに関する時間は「天引き」する形で先に確保しておく。
 ▶あとの時間を好きに割り振る。
 

 パソコンとケータイに詳しくなる

 ▶パソコンやケータイを使いこなすことは、仕事の効率を飛躍的に高める。
 ▶なによりも先にパソコン誌等を徹底的に読み込むべき。 
 (パソコンを使いこなす能力の差はただ「知っているか否か」)
 

2次回にはいかない

 ▶1次回と違い2次回は「時間」「予算」「場所」が不確か。
 ▶予定がないから時間はだらだらと遅くなり、
  金額も行き当たりばったり。場所も決めないからクオリティは下がりがち。
 ▶2次回はどんどん断れ!
 
 
などなど、示されている解決策はどれも具体的で、
すぐにでも応用出来るものばかり。
 
なおかつ、具体的なものと自分を盛り上げてくれる精神論的な部分が
いい感じに混ざっているので、
気持ちを高めながら日々の生活を効率よくしていくことができます。
 
 
どうしてもやる気が出ない・・・
幼少期から面倒くさがり癖が抜けない・・・
 
そんな方には本当におすすめの一冊です。
 

ひとこと批評

〇「え、これが出来たらもはや『面倒くさがりや』じゃなくない?」
 ▶私みたいな生粋の面倒くさがりは、分かっていても出来ないんだよなぁと思うことがありました。
 ▶読み直して、しばしば襟を正す必要がありそうです。
 
〇ちょくちょく一般人の感覚を無視した法則が出てきます。
 ▶例えば「パソコンを頻繁に買い替える」という法則が紹介されています。
  理由は修理に出して代替のパソコンを使うのは不便だから、という理由らしいですが、
  庶民には明らかにきついでしょ・・・笑

【自己肯定感が低い人へ】本気の努力で何歳からでも「自信は身につく」ことを証明する。

f:id:datsumu:20170204084434p:plain


はじめまして。datsumuと申します。

このブログでは、現在自信の無い僕が本気で努力をし、

本気の努力で後天的に「自信」つける方法を紹介していきたいと思います。

 

 最近「自己肯定感」なんて言葉をよく耳にするようになりましたが、

僕はその「自己肯定感」が欠如した人間の一人でした

幼ない頃から僕は自分に自信が無く、常に自分は人より劣っていると思って生きてきました。

「静か」「謙虚」「穏やか」そんな言葉を投げかけられ続け、言いたいことを言えずに今まで他人の人生を生きてきたように思います。

ただ、自分の中で努力のルールを定め、それに従って努力をすることで、

少しずつ自信のある分野が出来てきたんです。

 

このブログではその「努力のルール化」を色々な分野に応用していき、

「自信がない人が本当に努力で自信をつけることが出来るのか」という問いに本気で答えていこうと思います。

 

 

自信のなさが僕にもたらしてきた悲劇

以下、僕の自信のなさが引き起こしてきた悲劇の例です。

 

〇 作り笑いで毎日顔面が満身創痍。

〇 どもる。特にラ行の言葉が超苦手。

  コンビニで「レシート大丈夫です」が言えず不要なレシートで財布一杯。

〇 自意識で頭がいっぱいだから人の名前を覚えるのが苦手。

〇 自意識で頭がいっぱいだからよく忘れ物をする。

〇 気の合う友人でも待ち合わせ直後は声が震える。「どうした?」ってなる。

〇 自分が発言した後は必ず脳内反省会。光速のPDCAサイクル

〇 会話の途中で自分が何を言っているのか分からなくなる。

〇 職場の電話を取った3秒後、緊張で相手の名前を忘れる。

〇 飲み会を楽しめず、一人取り残された気分になる。

〇 過去の失敗を急に思い出して自分を責める。

〇 気付くと「死にてぇ」ってつぶやいている。仕事中にもたまに言いそうになる。

〇 挨拶が苦手。挨拶しないで済むようにわざわざ遠回りして目的地に向かう。

〇 月1で突然涙を流す。「なんだよこの人生」って言いながら。

 

なるべくポップに書きましたが、実際はつねに悩み続けて生きてきました。

 

 

 このまま死んでいきたくない

そんな自信のなさが身体まで蝕んだのか、昨年年末。

僕はノロウイルスで病床に伏しました。

天井の節目を数えることぐらいしか出来ず考えていたことと言えば・・・

 

「こんなメンタルで体まで弱くて一体何者なんだ俺は・・・」

「この人生なんだよ。いっそのこと消えてしまった方が楽なんじゃないか・・・」

 

僕がそうなんですけど、自分に自信がない人って何か起こると、

たとえ周りに原因があっても自分を責めるんですよね。

ただ、いつもならこのままうつ伏せで落ち込み続けるところ、

この時はなぜか急に怒りが込み上げてきました。

 

「・・・」

「いやふざけんなよ」 

「悔しい悔しい悔しい!!」

「うぅ、、(嗚咽)」

「ぜってぇ負けねぇ・・俺をなめんなよ・・!」

 

以上を実際に独り言でしゃべっていました。今考えると本当にヤバいです。

ただ、気持ちが落ちるところまで落ちて、今までの人生で守ってきた何かを吹っ切れた気がしたんです。

 

努力のルール化で自信をつける

では、今まで自信と無縁だった僕がどうやって自信を手に入れるのか。

 

僕は自己啓発書に多い「考え方だけ変えれば人生楽になるよ」という

甘い姿勢が好きではありません。

考え方を変えようと思って変えられるなら、高校時代、

少しでも楽になりたくて自己啓発書を読み漁った僕は、

今頃仙人にでもなっているはずだからです。

 

そこで、自己啓発書を読むだけでは足りない部分を補完する形で、

 

① できる限り論理的に努力の方法を検討し、具体的な行動を変える。

 

② それをできる限り体系的にまとめて、ブログに記録していく。

 

このプロセスを、本ブログでは「努力のルール化」と呼びたいと思います。

 具体的には、以下のようにすすめていきたいと思います。↓

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ルール化の方法

 自己肯定感が高い状態とは、「理想の自分=現実の自分」となる状態を指します。

そして理想と現実を近づけるためには、2つ方法があって、

⓵理想を低くする  ⓶現実の自分の能力を高める に分けられます。

①は、足るを知るというか、自分の現状を受け入れることです。

(本ブログでは(最初のうちは)取り組みやすいを重視して行いたいと思います。)

 

 そして⓶について、意識する取り組みは以下の画像のとおり↓

f:id:datsumu:20170204082047p:plain

 人間の能力を武道とかにある「心・技・体」に分けて考えてみました。

 

 

「心」はさらに(A)対自己 (B)対他人 の能力に分解。

現在思いついている取り組みは・・・

(A)対自己

① 趣味の充実

⓶ 自分を褒める

③ 困難に挑戦する

④ 瞑想

⑤ 積極的アウトプット

⑥ 新しいことに挑戦する

 

(B)対他人

⑥ 周囲の人を褒める

⑦ 読書をする

⑧ 約束を守る

 

「技」(資格等のスキル)は(C)一般スキル (D)専門スキルに分解。

現在思いついている取り組みは・・・

(C)一般スキル

⑨ PC関係

⑩ 字の綺麗さ

ロジカルシンキング

⑫ 計画力

⑬ デザイン

⑭ コミュニケーション能力

⑮ 速読

⑯ 貯金

⑰ ファッションセンス

 

(D)専門スキル

⑱ 英語

⑲ 簿記

⑳ 法律

 

「体」はさらに(E)実践系 (F)知識系 に分解。

現状思いついている取り組みは・・・

(E)実践系

㉑ 筋トレ

㉒ ジョギング

 

(F)知識系

㉓ 食事に関する知識

㉔ 病気に関する知識

 

以上を、他に応用できるか、簡単に取り組めるか等で優先順位をつけ、片っ端から取り組むことで、

理想の自分に近づいていきます。

思いついた限り書きなぐってみましたが沢山あるなぁという印象です笑

いかんせん数が多いので、しばらく取り組めないものもある気がしますが、ご容赦ください。

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本気の努力で自信をつける

 いわばこのブログは僕の人生をかけた人体実験です。

幼少期から自信の無い人間が、後天的に自信をつけることができるのか。

本気で努力をして、「どんな人でも努力次第で自己肯定感を得ることができる」ということを証明していきたいと思います。

 

(定量化、ロジカルシンキングについては素人中の素人なので、今後読書をして知識を蓄えつつ、ブログにもまとめていきます)